本文の文字の大きさ >> |

設立趣旨

手話教室地域で暮らす全ての人(障害者を含む)には必ずその地域で果たせる役割があるはずです。障害を持った人たちがその先頭にたつことができたら、それに多くの人たちが気付いてくれるでしょう。
そんな想いで、小規模作業所“さぁかすチャレンジド”を設立します。

この作業所は、ハンディを持つものがサポートを受けるだけでなく、自分たちの可能性を広げながら周りや地域に貢献することを目指します。そのことが自分たちだけでなくもっと多くのハンディを持つ人たちの仕事を創出することができ、ひいては自らの暮らしの向上に役立つことに繋がることを確信して参加するもので構成されます。

  • 「チャレンジド」とは、「障害を持つ人」の語意であり、「挑戦することに出会えた人」の意味を含みます障害者になる可能性は誰にでも潜んでいます。障害者が輝いて暮らせる社会づくりは、誰もが安心して暮らせる社会づくりにつながります。