ふるさとに架ける橋に架ける橋

福祉生協イメージ生活協同組合「福祉生協かがわ」と協力して、
全国に香川を届けます。お買物はこちらのサイトをご利用下さい。
(「福祉生協かがわ」ホームページ)



「私に万一のことがあったら、
 子供はもう地域で暮らしてゆくことが出来ないのだろうか?」


障害のある子供をもつひとりのお母さんの、この一言から「福祉生協かがわ」は始まりました。小さい時から障害のある子供たちは、家から養護学校、家から施設、と活動のエリアが限られ、点から点の移動で、地域とのかかわりをほとんど持つことなく暮らしています。なんとか、このような子供たちが地域と関わってゆける方法はないものか?安心して地域で暮らしてゆけるようにできないものか?
ならば、地域のひとたちと接することが仕事になればいい。ひとと出逢うことが仕事となり生きがいとなれば・・・。
どんなに重度の障害者でも健常者でも衣食住がある。それを通じて同じ仲間になれる。
ここから生活協同組合福祉生協かがわは生まれました。


標語何もないのに訪ねては行けにくい。自分たちの作ったものを売りに行けば「買ってください」とお願いに来たようで、やはり訪ねて行きづらい。しかし自分たちの活動を応援してくれる生産者の商品や、同じ作業所の仲間たちが作ったものを応援し、その商品を届けるのであれば。週に一回の配送、年間で約五十回訪ねていくことができます。「暑いのに頑張るな〜」 「まぁ、お茶でも飲んで行きな」言葉を交わしていくうちに、地域で理解してくれる仲間が出来てきます。福祉生協かがわをご利用いただき、障害のある子供たち、そしてその理解者である地域の生産者を応援してください!


福祉生協かがわ--ご利用のお願い--


イラストとても新鮮!
とり立て・作り立てを生産者から直接夕方集荷して、翌日にお届け。

お手頃価格!
各地域の「産直市場」の価格でお届け喜ばれる価格で生産者が提供!
地域応援!
県下各地からその地元で大切に育ったものを障害者が核になって応援したいと頑張ってます


標語まずは、お試し利用ということで、気軽にご注文ください。配送は毎週水曜日です。前週にお届けした注文書にご記入いただき、担当者にお渡しください。次週、商品をお届けいたします。その、商品の代金は商品お届けの翌週にいただきます。注文書は毎週お届けいたしますので、この流れが毎週循環します。(☆ 初回のご利用の際は、ぜひご一報ください。配送方法などをご相談させていただきます。)


仕事の流れ



topページへ