事業紹介 サイト運営 リンク集 サイトマップ

自分たちの未来は自分たちでという「チヂダス」の想いから生まれた“さぁかす”。自分たちの住んでいる、かがわの未来に無力感や諦めではなく希望を持つ人たちの集まる広場にしたいものです。一人一人が力を合わせ、未来を築き上げるためにも“さぁかす”にご参加ください。
 “さぁかす”は、香川の地で何かに一所懸命な“あなた”を応援する勝手連の応援団。ひとりではできないことが力を合わせることで可能になる。そんな人材ネットワークを目指しています。一人一人は異質な人たちの集まりが、交流を通じて地域を包み込む“かがわ”に対する愛着を育てることが、地域変革への情熱を熟成する、そんなことを夢見ています。誰もが参加できる“さぁかす”は出会いや交流を通じ、地域ネットワークの形成を目指します。

「さぁかす創刊号」より 多田羅譲治


未来を語りたい「さぁかす一周年を迎えて」(さぁかす5号)より
 “さぁかす”は一人一人が自分のまわり、地域と人、そこにある想いやくらしを見つめることで、“かがわ”をとらえなおし、変革へのエネルギーを醸成したいとスタートしました。政治も経済も、ある意味では文化の一面、生活の一部。
 「香川はつまらない」、「香川は遅れている」そんな声を聞くことがあります。日本で一番狭い県。だけどあまりにも私たち自身が、知らなさ過ぎる。どんな地域に、どんな歴史があり、どんな人が、どんな想いで 東(引田・白鳥・大内・ ・・・) から西(豊浜・大野原・山本・ ・・・)へ一人一人が出会うことで、・・・・・・。
 集まるだけできっと何かが変わる、そんなことを夢見ています。テレビや雑誌・新聞、あるいは、インターネットで、世界中のこと、日本中のことをいくら知ったところで、現実に自らが置かれている場所を、知らず知らずに、他所事として捉え、目を背けていてしまったのでは何も変わらない。あれがいけない、これがいけないではなく、こうしよう、ああしようと智恵と力を集める広場をつくろうといいう企てです。
 香川の未来への想いを語りあい、香川の大きな可能性を確かめ合うことがエネルギーの充填につながります。

出会いが出会いを生もうとしている
 テレビでの疑似体験が、なんでも知ったつもり、分ったつもりの評論家ばかりを大量に生み出しています。そんな時代にこんなに何かに一生懸命な人たち、楽しく生き生きした人たちが“かがわ”にあふれているのに驚く毎日です。
 “さぁかす” を訪れた人、読んだ人が手をつなげばきっと大きなエネルギーになるはずです。多様な人たちが集まるにつれ、意見の食い違いを心配する声も聞かれるようになりました。しかし、今いる人たちの、仲の良さや居心地の良さでは、仲間内だけのサークルになってしまいます。むしろ、トラブルや違いはつき物として、お互いの許容性を高める機会と歓迎したいものです。輪を大きくしながら、語り合い、粘り強く、性急な結論を求めず、棚上げもせず、共有するものをお互いに増やしながら進めればと願っています。

いろんなやり方があっていい。やらなければ始まらない
 右肩上がりの時代には、昨日と同じコトをしていれば、それを疑いもせずより熱心にやれば、成果が上がりました。環境、経済、政治、・・・、・・・、なにをとってもそうはいかなくなりました。何かをやれば、必ず波風が立ちます。失敗もするでしょう。しかし、やっても無駄と何もしなければ何も変わらないことだけは確かです。Try and errorの繰り返しの中でしか、未来はやってこないのです。

これからのさあかす
 さぁかすを中心とした様々な交流の拡がりが、讃岐の人材ネットワークを自然に形成しつつあります。新しい情報型組織:柔組織の人材ネットワークが生まれつつあるともいえるでしょう。地域社会(香川)との関わりをベースにしながら、個人や組織の持つ知識・経験を有効に活用できる、そんなネットワークに育ちたいと願っています。言い換えれば、これからの時代、1人1人が自立し、地域や組織とどう関わっていくのか、このことを模索しつづけたいと願っています。
 「今が『未来をつくる』ときである。なぜならば、まさに今、すべてのものが流動的であって、不安定だからである。今こそが、『行動』のときである。」(P・F・ドラッカー)と信じて。

さあかすはあなたの応援団、いつでもどうぞ。
 今地域社会・コミュニティが持っていた相談機能が失われつつあります。マスメディア・インターネット等の発達がヴァーチャル(仮想)体験を生み、何でも知っている、だれにでも会える、そんなつもりの錯覚を生み出しています。いざとなった時、頼れる人のいない砂漠で一人ぼっちになりかねません。
 何かを始めようとするとき、誰に相談したらいいのかわからないとき、さぁかすにお越しになりませんか。

顔の見えるコミュニティ、安心をつくりだす
 人というものは不思議なもの。お互いが知り合うだけで、思いやる心が生まれる。優しくなる。知り合うだけで、様々なリスクが回避できる。
 顔を知った農家と消費者、顔を知っている子供たち 、顔を知っている運転手・・・さらには同級生の知り合い、近所の人の知りあい・・・・・さらには、知っている人の同級生、知っている人の近所の人、・・・・・。まだまだ続きます。日本で一番小さな県、この輪が広がればきっと日本で一番すばらしい地域になる。そんな想いが“さぁかす” を支えています。
 「これからのさぁかす」をご一緒に考えていただけたら・・・・・。

Copyright(C) 2006 さぁかす All rights reserved